鉄拳7FR ロウ 立ち回り まとめ 対策

5a86babaf6cb25cb40101e43a00f3470
スポンサーリンク

ロウの対策があまりにもわからなかったので友人に手伝ってもらいつつ対策を練ってみました。

意外に知らなかった情報がたくさん出てきて驚いています。

対ロウ戦での立ち回り

  • 横移動は右横。(ロウはホーミングが強いため注意)
  • スライディングからのコンボを覚えておくこと。
  • 近距離のしゃがみに反応しないこと。
  • 中距離のしゃがみはスライディングしか当たる技がない。
  • CD移行する技にはしゃがぱんで対応すること。
  • サマーソルトにリスクを負わせること。

簡単なまとめです。

  • 近距離ロウしゃがみ…立ちガード
  • 近距離ロウ立ち…立ちorしゃがみガード
  • 中距離ロウしゃがみ…しゃがみガード
  • 中距離ロウ立ち…立ちガード

このように立ち回れば間違いない。

注意すべき技

ロウには注意すべき技が何点かあります。下記の技には注意してください。

CD2に移行する技

言わずもがなロウの強み。これを知っておかなければ対ロウ戦は厳しいので注意が必要です。

詳しくは下記に記載しているのでそちらをご覧ください。

サマーソルト

最大反撃を返すこと。びっくりしてジャブを打つクセがあると技を潜られる場合が多い。

詳しくは下記に記載しているのでそちらをご覧ください。

スライディング

中距離で、ロウがしゃがんできた場合はスライディングを狙っていると思ってもらって大丈夫。中距離しゃがみ状態のロウはこの技以外届く技がない。

ちなみに注意点ですが、近距離でロウがしゃがんだ場合はこちらはしゃがまない方がいい。

無駄に相手の二択に付き合う事になるので、ロウにとってはいいカモ。ロウの近距離しゃがみには振り回されないようにしましょう。

ナックルバックブロー(4RP)派生技

中距離から一気に詰めてくる中段技。

二発目が下段か上段しかないのでさばきを仕込んでおくのが正解。

この技を避けることができると、ロウ戦がいくぶんか楽になります。

ブレイクロー(1LK)

下段技。ヒット後、ロウ側+4sになるので注意。

フレームでいったらブライアンのハチェットと同じ性能なので油断できない技。

CD2(チャージドドラゴン2)派生技

ロウには様々な技から移行できるチャージドラゴン(通称CD)という特殊動作がある。それを把握しない限り正直ロウを相手にするのはしんどい。

CDについてですが、基本的には技~CD2→CD→CD技といった感じに移行します。技~CD→CD技などもありますが、ほとんどがCD2に移行するためCD2に移行する技一覧を作成しました。ガード後のフレームも記載しているので参考に。

  • スピンキックコンボ2発目~CD2(RK,LK,46):+7
  • スピンキックコンボ3発目~CD2(RK,LK,RK,46):+7
  • ドラゴンラッシュ3発目~CD2(4RP,LK,RK,46):-8~+6
  • サイドキック~CD2(立ち途中にLK,46):+13G
  • フロントキック~CD2(立ち途中にRK,46):+6

特に、注意すべきがスピンキックコンボとサイドキックからのCDです。

対策としてはをしゃがぱんでCDのほとんどの技をつぶすことができます。ロウ側としても、CD2に移行する際にしゃがぱんされると大変嫌だということです。

サマーソルトについて

確定反撃のないサマーソルト

通常ガード後-17Fあるサマーソルトですが、確定反撃がないサマーソルトがあります。

それが、ハイキックサマーです。ガード後±0ですので注意してください。

ダブルサマーソルトについて

サマーソルト後にもう一度サマーソルトをするダブルサマーソルトキックという技があります。

対応としては13Fの技を打つこと。

サマーソルト~ダブルサマーソルトは~13Fの技で割り込むことができます。(もちろんジャブでも割り込めます。)

ロウ側レイジ状態でこちらがHP半分のような状況でダブルサマーを打ってきて逆転負け。のようなパターンも十分考えられますので頭に入れておいて損はないかと思います。

まとめ

  • 近距離しゃがみのロウ相手にはしゃがまない。
  • 中距離しゃがみのロウの選択肢はスライディングのみ。
  • CD2派生の技はほとんどしゃがぱんでつぶせる。
  • ダブルサマーは~13Fの技で対応できる。
  • スペシャルサンクス:友人

ロウ絶対倒すマンに俺はなる。

スポンサーリンク