鉄拳7FR ラース 立ち回り まとめ 対策

eb858fb8-s
スポンサーリンク

TAG2の時ほど、とがった性能が無くなったので、「お前がキエロ」と言われなくなったキャラクター。

最近使用人口が増えている気がするので、対策。

ですが、とがった部分が無くなったので対策と言う対策も思い浮かばなかった。

対ラース戦での立ち回り

  • 近距離は左横、中距離は右横。(近距離は横移動厳しいかもしれない)
  • 下段技がハイリスク、ミドルリターンレベル。
  • しゃがぱんはしない方がいい。

近距離は左横

近距離は左アパ、フラヒを避けるため左横移動です。とはいっても、ウィービングビード(1RP,LP)やホーミング技で対処されるのであまりにも効果がないようであれば横移動はやめた方がよろしいかと。

あとはあまり、しゃがぱんはしない方がいいですね。フラヒしかりトリガーしかりで避ける技は豊富なためあまりメリットがありません。

中距離は徹底的に右横

ラースの中距離技は右横で避けることができる技が多いです。例としては以下のような技。

  • エルボーコロナ(66~WP)
  • レッドスプライト(666LK)
  • ダブルアクション(66~WK)
  • ダブルパルス(66~RK,LK)

どの技もラース側としては当てたいorガードさせたい技だと思うので避けて反撃に出ましょう。

下段ガード後は確実に浮かせるべし

ハイリスク、ミドルリターンなラースの下段技集。二発目に中段ということは100%ないので、下段ガード後に立ちガードをする必要はないです。

テスラグラビティ(2LK,LP)

下,上の技。2発目が上段なのでそのまま浮かせてください。

アースバッテリー(2WP)

下段の技。ガード後-12F。浮き確。

アークコンビネーション(1LP,LK)

下,上の技。2発目が上段なのでそのまま浮かせてください。

ダブルパルス(66~RK,LK)

下,中の技。下段ガード後、中段には移行しません。ガード後-31F。浮き確。ヒット時でも±0です。ちなみに、右横でも避けることができます。

ダブルアクション(66~WK)

下,下の技。ガード後-16F。浮き確。ヒット時でも±0です。

こんな感じです。ラースの下段は結構ハイリスクな技ぞろいです。

ラース側有利の技

一応ラース側有利の技一覧です。

レッドスプライト

ラースのスラッシュ技。ガード後+8~+12Gです。極力右横で避けること。

タワーキャノン(立ち途中にLK)

上段技でガード後、+7です。

スパイラルキック(DE中にLK)

今のところ、壁際でよくやられています。ガード後、+4~+6なので無駄に動かない事ですね。

まとめ

対策があまりねえ。とりあえず、フラヒとトリガーに当たらない事ですかね。

基本に忠実にやっていれば勝てるキャラかなと。逆に基本に忠実にやってても相手が上手なら負けるキャラな気がします。

スポンサーリンク