ヤフオク・メルカリ初心者必見!出品商品の梱包方法まとめ!

merukari_yahoo_top
スポンサーリンク

どうも、くろうです。

ヤフオクやメルカリで出品して売れたはいいものの、「梱包ってどうすればいいの?」と疑問に思う方も多いかと思います。

かくいう私も、ヤフオクやメルカリを利用して最初に一番緊張したのって、梱包方法なんですよね。どの梱包方法にすればよいかものすごく悩みました。

というわけで、今回はそういったことで悩んでいる方のために梱包で必須なアイテムをまとめてみました。

梱包における必需品

ここでは必需品を紹介します。メルカリやヤフオクで梱包に困ったらこれだけは買っておいてください。

OPP袋

絶対に必要です。水濡れ対策で使用します。発送する際はこのOPP袋に包んで発送するのが基本となります。

よほど神経質な方でないかぎり、OPP袋で梱包して発送しておけば、ちゃんと梱包して発送してくれたと認識してくれますので、悪い評価をもらうことはまずありません。

発送する際に困ったらとりあえずOPP袋に包むということを意識しましょう。

OPP袋はホームセンターでは売っていますが、100円ショップには意外に売っていないので注意が必要です。

利用ケース

  • 本、DVD、CDの梱包
  • 服の梱包
  • トレーディングカードの梱包

封筒

段ボールを利用しない発送をする際に使用します。基本的にはA4の封筒を買っていただければ、本・DVD・CDの配送は問題ありません。

分厚い本や薄いTシャツ、トレーディングカードを配送する際は封筒の大きさを変えるなどの工夫が必要です。

封筒は、100円ショップにも売っていますので、大きさに不安があったら実際に手に取って確認してみることをおすすめします。

利用ケース

  • 本、DVD、CDの梱包
  • 服の梱包
  • トレーディングカードの梱包

セロハンテープ

OPP袋を貼り付ける、封筒を貼り付ける、クリックポストなどで配送先の情報を貼り付ける際に利用します。基本的になんにでも利用できますので、買っておいて損はないです。

メルカリやヤフオクなどを利用しているとわかりますが、セロハンテープの消費が激しいです。数個セットのものを買うのがおすすめです。

100円ショップのセロハンテープはおすすめしません。粘着力がなく、すぐにはがれてしまいます。

利用ケース

  • 梱包の際に利用

ダンボール

わざわざ買う必要はありません。アマゾンから発送されてきたダンボールを流用したり、スーパーのダンボールをもらってくれば事足ります。

ダンボールの利用ケースとしては、大き目の荷物の発送の際に利用するのに加えて、トレーディングカードなどの折り曲がったら困る商品を発送する際に、切り取ったダンボールを貼り付けることによって折り曲げ防止をします。

利用ケース

  • 大き目の荷物の梱包
  • トレーディングカードなどの折り曲げ防止に利用

あったら便利なアイテム

ここでは、あったら便利程度のものを紹介します。

プチプチ

必須ではないですが、プチプチで梱包することによって丁寧さが増します。

プチプチを必ず利用しなければならないケースとしては、カメラやオーディオなどの精密機器を配送する際はプチプチは必須です。これらの精密機器は厳重に配送しないと故障の原因にもなりますので、必ずぷちぷちを利用しましょう。

プチプチ+新聞紙を利用すればなお良しです。

利用ケース

  • 丁寧に梱包する際に利用
  • 精密機械の梱包に利用

スケール

配送方法によってはグラム数によって料金が変わりますので、スケールがあると事前に料金がわかって便利です。

利用ケース

  • グラム数によって配送料金が変わる配送方法を利用する際

プリンタ

クリックポストという配送方法を利用する場合には、プリンタは必須です。クリックポストは配送方法を登録したデータを自分で印刷して、封筒に貼り付けるという方法をとっている配送方法なので、プリンタが必要となります。

クリックポストを利用しない場合は、特に必要ありません。

ですが、本やDVDを配送する際はクリックポストが非常に便利ですのでプリンタはあったほうが良いかと思います。

利用ケース

  • クリックポストという配送方法を利用する場合に必要

まとめ

必要なのはこのぐらいですかね。最初は慣れないかもしれませんが、慣れてしまえば商品の発送もスムーズに行えるようになります。

第一に意識してほしいのは、「濡れても大丈夫」だということ。

後は、商品によって衝撃を加えても大丈夫や折曲がらないように工夫するといった対策も必要です。

また、いくら完璧に梱包してもクレーマーはいますのであまり細かいことを気にし過ぎず、「濡れても大丈夫」、「衝撃を与えても大丈夫」といった梱包であれば発送しても問題ないかと思います。

とりあえず10商品程度発送してみてください。すぐに慣れるかと思います。

スポンサーリンク