ヤフオクにフリマ出品が登場!メルカリとの違いは?比較してみた

yahooauc_freemarket_top
スポンサーリンク

ヤフーが2017年2月2日より、ヤフオクの機能に従来のオークション形式に加えて、フリマ出品という機能が導入されました。

今まで、「ワンプライス出品」というスマートフォン限定だった機能をどのデバイスからも利用できるようになったのがこのフリマ出品という機能です。

最大の特徴は、プレミアム会員でなければ利用できなかったやヤフオクが、フリマ出品機能に限り、無料会員登録でも利用できるようになったこと。

今回は、このヤフオクのフリマ出品機能の特徴と、ヤフオク・ヤフオク/フリマ出品・メルカリの違いをまとめてみました。

ヤフオク/フリマ出品の特徴

ヤフオク/フリマ出品の特徴としては、「誰でも出品ができるようになったこと」。

今まで、ヤフオクで出品するためにはYahoo!プレミアム会員に会員登録をしていなければなりませんでしたが、無料会員登録でもフリマ出品機能のみは使えます。

しかし、プレミアム会員の場合、手数料が「落札価格×8.64%」とお得です。非プレミアム会員の場合は、手数料が「落札価格×10%」とメルカリと同等の落札手数料を取られてしまいます。

また、開催期間を設けられていて、開催期間は7日間です。メルカリと違い、開催期間を過ぎたら再度出品しないといけません。ヤフオクで使える、自動再出品もフリマ出品では利用できませんので注意が必要です。

支払い方法は、Yahoo!簡単決済のみとなっています。

ヤフオク/フリマ出品の特徴

  • 誰でも、出品/購入可能。
  • 落札手数料は、プレミアム会員:8.64%、非プレミアム会員:10%。
  • 開催期間は7日間。
  • 支払い方法はYahoo!簡単決済。
  • フリマモードにてフリマ出品の商品検索可能。

ヤフオク・ヤフオク/フリマ出品・メルカリの比較

それでは、「ヤフオク」、「ヤフオク/フリマ出品」、「メルカリ」の違いを紹介します。

この表の通りです。

ヤフオク ヤフオク/フリマ出品 メルカリ
形式 オークション形式 フリマ形式 フリマ形式
会員 プレミアム会員のみ出品可能
購入は誰でも可能
誰でも出品/購入可能 誰でも出品/購入可能
手数料 落札価格の8.64% プレミアム会員
→落札価格の8.64%
非プレミアム会員
→落札価格の10%
落札価格の10%
開催期間 最大7日 7日 無制限
支払い方法 銀行決済
Yahoo!簡単決済
Yahoo!簡単決済 銀行決済
システム内で決済
質問/コメント あり あり あり
自動再出品 あり なし
招待ポイント なし なし あり(300円相当)

個人的な感想としては、ヤフオクとメルカリのダメな部分だけを兼ね備えた機能に感じます。

非プレミアム会員で手数料8.64%、開催期間は無制限のようなサービスだったらよかったんですけど。

こちらに、メルカリとヤフオクの比較をした記事もありますので参考にしてみてください。

まとめ

ヤフオクのフリマ出品についてまとめてみました。

このシステムの感想としては、「Yahoo!プレミアム会員」のためのフリマアプリという感じですね。メルカリから新規にヤフオク/フリマ出品に移るユーザはあまりいないように感じます。

理由としては

  • 非プレミアム会員の落札手数料がそもそもメルカリと変わらない。
  • メルカリにはない開催期間があり、再出品が面倒。
  • 決済がYahoo!簡単決済を使わなければならなく、登録が面倒。

といった理由ですね。

メルカリのように、質問欄で値下げ交渉をするとはあまり考えられませんし、フリマアプリでしたらメルカリの方がまだメリットがあるように感じます。

今後、サービスの内容を変更しだいではメルカリを超える可能性もありますが、現状のままではメルカリを超えることはないですね。
とはいえ、まだ利用はしていないので一度、実際に出品してみて手ごたえを確かめてみようかと思います。

スポンサーリンク