マウスより圧倒的にトラックボール!仕事の作業効率が上がります!

trackball_top
スポンサーリンク

世の中のパソコンを扱う人の大半はマウスを使っていると思いますが、「トラックボール」というマウスとは違うポインティングデバイスがあります。

マウスは、腕もしくは手首を動かしてカーソルを操作するのに対して、トラックボールは、親指、中指、手のひらのいずれかを使ってカーソルを操作します。

触る前は、変なマウスだな程度の認識でしたが、実際使ってみたらメリットだらけ。触って1週間経ったころには、トラックボール布教者になっていました。

1年間使ってみて、マウスよりトラックボールの方が圧倒的に仕事が捗ることがわかりましたので紹介します。

トラックボールを使うようになった理由

一番の理由が、「作業スペースがない場所で作業しなければならなかった」といった理由。

インフラ系の仕事をしていると、サーバー室に行くなり、謎の資料に囲まれながら仕事をしないといけないことがよくあります。そうすると、作業スペースが全然なくなり、マウスを使うことができなくなります。

マウスパッドや壁をうまく使ったりと工夫をしてはいたのですが、先輩が快適にトラックボールを使っているのをみてものは試しだと思いトラックボールの購入を決定しました。

他の人のブログを見ていると、腱鞘炎のなったからという理由もあるのでそういう人もトラックボールを検討してみてください。

購入したトラックボール

トラックボールにもいろいろあるみたいですが、購入したのは「Logicool M570」。定番のトラックボールです。

気に入って、家用と仕事用の2台を購入しています。

補助ボタンは2個と少な目ですが、「進む」、「戻る」しか使いませんし、PCではゲームもしませんので十分満足な性能です。

他にも、中央にトラックボールがあったりするものもありますが、友人のを使わせてもらった結果、このトラックボールが一番使いやすかったので、こいつを購入しました。

初めて使うから、使い心地を確かめたいという人はヨドバシカメラなどの大手家電量販店に行けば試してみることができますので、一度触ってみることをオススメします。

マウスよりトラックボール

マウスよりトラックボールの方が良いと思う理由を紹介します。

作業スペースがいらない

カフェなどの狭い机、サーバー室などの机がない場所、紙の資料が置いてある机、どこでも使えるのがこのトラックボールです。

作業場所がなくても、ひざの上でトラックボールを転がせば作業ができます。究極な話、立ちながらでもカーソル移動やクリックを行うことができます。

腱鞘炎のリスクが減る

パソコンを使う仕事をしている人は、腱鞘炎のリスクが伴います。多くが「マウス腱鞘炎」と呼ばれるもので、手首と親指の付け根に痛みが現れるようです。私の周りにも2人ほど腱鞘炎になっている方がいます。

変な体勢でマウスを握り、無理に腕を動かすため手首と親指の付け根に常に力が入るためマウス腱鞘炎になるそうです。

トラックボールでしたら、常に位置が固定されているので腱鞘炎になるリスクが少なくなります。

将来的にそのようなリスクを回避するためにも、トラックボールはおすすめです。

デスクトップの端から端まで親指一つ

デュアルディスプレイで仕事をしている人も多いかと思いますが、マウスではデスクトップの端から端まで1ステップでいくことはできません。

自分の可動域の限界までマウスを移動してから、元のマウスを位置に戻しさらに可動域の限界までマウスを動かすといった動作をするかと思います。その際に出る、「ガチャ、ガチャ」という音もかなりうるさいです。

トラックボールの場合、親指一つです。ボールに親指を乗せて勢いよく転がせば、端まですぐにいきます。音も何もありません。

マウス操作が露骨にならない

下世話な話だと、変なサイトを見ているときにいきなり誰かが訪ねてきたケースです。そのようなときに、急いで最小化や閉じるをクリックするときに、マウスだと露骨だけど、トラックボールだとあまり露骨になりません。

ですので、男子中学生や高校生も是非トラックボールを使ってみてほしいです。

トラックボールがオススメな人

これらを踏まえて、トラックボールを使うのにおすすめな人は以下の通り。

  • トラックボールに興味がある人
  • 作業スペースがない人
  • 腱鞘炎の人
  • 男子中学生・高校生

トラックボールのデメリット

じゃぁ、トラックボールにデメリットはないのかというところですが、今のところ、トラックボールにデメリットは感じていません。

あえて挙げるのあれば、自分のPCを他の人に操作してもらう際に、「あれ?」という反応をされることです。マウスの要領で動かそうとします。そのあとに、「あ、トラックボールなのね」という反応をしますね。ほぼ100%です。

まとめ

少なくとも1日8時間仕事をするのであれば、トラックボールの方が健康的に考えても便利だよということで紹介しました。作業スペース効率化や腕の負担が減りますので、長期的に考えるとトラックボールの方が圧倒的にお得です。

SEをしている人を見ていると、腱鞘炎になっている人も少なくありません。腱鞘炎対策で、マットを敷いている人もいます。

将来的にそうならないために、また作業の効率化のために、トラックボールを使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク