【汗かき必見】顔の多汗症である私がやっている対策一覧!

PublicDomainPictures / Pixabay
スポンサーリンク

ジメジメとした嫌な季節が終わり、そろそろ夏本番となってきています。そこで問題となってくるのが「汗」。嫌ですよね、たくさん汗をかいて。

でも、実は夏って多汗症の人にとっては案外過ごしやすかったりします。

理由としては、

  • みんな汗をかいているから自分も汗をかいていても違和感がない
  • ワイシャツなので涼しい

だからです。

そのため、一番恐れている季節って春や秋です。

  • みんなが汗をかいていないのに自分ばかり汗をかいている
  • 背広を着ているから正直暑い

みんなが涼しい顔をしているのに自分ばかり、滝のように汗をかいていて恥ずかしい、そのような思いをしたことがある人がいるのではないでしょうか。そのような状況に落ちいると、「汗をかく」→「汗を止めようと焦る」→「さらに汗をかく」という負のスパイラルになります。

そこで、今回は多汗症である私が改善の為にいろいろやった結果効果があったもの・なかったものを紹介します。

効果がなかったもの

水を飲まない

多汗症の方であればだれもがやったことがあるはずです。「水を飲まない」。結局、いくら頑張っても汗はかきますし、水を飲まないと死んでしまうのでやめましょう。一切効果はないです。

ツボ

テレビなどで、このツボを押すと一瞬で汗が止まるっていうやつをやったことがある人がいるはずです。舞妓がやっているというやつです。でも、止まりませんでしたよね?

塩化アルミニウム水溶液

よく聞く、塩化アルミニウム水溶液ですが、私にはあまり効果がありませんでした。それに、私の汗はどちらかというと額からでしたのでこの対策は適切ではなかったです。手汗対策としては最強との声を聞きますが、私との相性はあまりよくありませんでした。

使用感も、手がかゆくなったりと利用して数週間でやめました。

精神安定剤(メイラックス・ジェイゾロフト)

どの程度効果があるのか確かめたかったので、一時期、精神科で処方してもらいました。確かに効果はありました。あの時期は、汗をかきにくくなっていました。その代わり、副作用として常に眠気とぼーっとする感じにつき合わされました。

カウンセリングなどでも、改善されるかと思ったのですが、医者がダメだったのか経過報告しかしていなかったため、いつの間にかやめてしまいました。

効果があったもの

扇風機

シンプルズベストです。即効性があって一番効果があるのが、この「扇風機」ですね。

おそらく、多汗症の人が一番恐れているのが、「湿度が高い無風空間」だと思います。要するにじめじめした室内です。そのような環境でエアコンをつけても汗は止まりません。必要なのは風です。

多汗症の方ならわかると思いますが、車の運転の際も汗をかいたらエアコンではなく、窓を開けたいはずです。エアコンでいくら体温を下げても汗が止まらない場合があると思います。

半身浴

「汗を出し切ってしまえばいいんじゃね?」という考えから始めた半身浴ですが、これも効果があります。半身浴によって代謝がよくなるという情報を見て、「これ以上代謝がよくなったら困る」と思うかもしれませんが、一度やってみてください。

そもそも、なぜ大量に汗をかくかというと「普段から汗をかかないから」なんです。矛盾しているようですが、これが真理です。普段から、少しずつ汗をかいておくといざ緊張などの汗をかく状況になっても少量の汗ですみます。

しかし、この習慣がないといままでたまりにたまった汗が排出されて大量に汗をかいてしまうという仕組みになっています。

普段、汗をかかないせいで、汗をかかなくてもいい状況におかれたときでも汗をかくのが多汗症です。日頃から汗を出して、暑い空間で汗をかく癖をつけておきましょう。

半夏厚朴湯

1番推したいのがこの半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)です。これが、直感的に一番改善されました。

1日2回、空腹時に服用するだけで大丈夫です。副作用はありません。

効果は、「気持ちを落ち着かせる」です。

初めて飲んだ時は半信半疑だったのですが、いざ飲んでみると。「おお、なんか効いている気がする」という実感を得ました。プラシーボ効果かもしれませんが、一度試してみる価値ありです。

漢方薬の効き目は、個人差があると言いますが多汗症で悩んでいる方に始めにお勧めしたいのはこれですね。

 

今、注目している商品

多汗症を即座に解決する治療法となると、手術等しかありません。ですが、その治療にも副作用の「代償発汗」があります。安全ではありません。

ですので、根本的に解決するとしたら、体質の改善となります。先ほどの半身浴と同じ効果ですね。私も、半身浴+半夏厚朴湯である程度よくなりましたが、汗をかくときは大量にかきます。困ったものです。

そこで、体質を改善する上で注目している商品がこちらです。

「アセッパー」です。

やはり、根本的解決には体の内部から解決しなければなりません。アセッパーを使用して根本的な部分から直していきましょう。



サプリメントで体質を改善する必要があります。通院ではないので、やりやすいですし試してみる価値はあるかと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。多汗症に関しては、小さいころから悩まされたと思います。私もそうでしたので。

ですが一言、「汗をかくのは普通のこと」です。この気持ちが一番重要な気がしますね。

おわり

スポンサーリンク