ブログのネタ探しにはこれ!おすすめニュースアプリ5選!

gunosy_top
スポンサーリンク

どうも、くろうです。

ブログのネタ切れの際に真っ先に思いつくのが、「ニュースサイトを利用しよう」という事かと思います。ですが、私は新聞や雑誌を全く読みません。その代りにYahooニュースやニュースアプリを使用して何かしら考えています。

そこで、今回はおすすめのニュースアプリを5つほど選びましたので紹介したいと思います。ブログのネタ作りに困っている人は是非使ってみてください!

グノシー

グノシー エンタメニュース・スポーツニュースも無料
グノシー エンタメニュース・スポーツニュースも無料
開発元:Gunosy Inc.
無料
posted with アプリーチ
gunosy

CMにもなっている有名なニュースアプリその1。起動するとトピックタブに記事が溜まっているので、忙しい人はそれを読むだけでオーケー!時間がある人は各ジャンルもじっくりと読むことができます。通知は1日に4回です。

また、自分のSNSと連携させることにより興味がありそうなニュースを自動で選定してくれます。スマートニュースと似ておりますが、これは好みの問題かと思うので一度使って確かめてみてください!

  • ニュースアプリだが、マンガアプリとしても使用可能!
  • 2chまとめのネタなどもあるのでブログのネタ作りに最適!
  • 1日4回の配信通知!

スマートニュース

スマートニュース/圏外でもニュースサクサクSmartNews
スマートニュース/圏外でもニュースサクサクSmartNews
開発元:SmartNews, Inc.
無料
posted with アプリーチ
smartnews

CMにもなっている有名なニュースアプリその2。一瞬で気になるニュースをチェックできるニュースアプリ。「エンタメ」「スポーツ「グルメ」「コラム」「テクノロジー」など11の多彩なチャンネルの中から読みたいトピックスを自由に選択できます。「君の名は」の公開当初は、「君の名は」の漫画版を閲覧できたりとトレンドワードに敏感な方は是非!

  • 幅広いジャンルのニュースを取り扱いしている!
  • TwitterやFacebookなど様々なSNSと連携!
  • 1日3回のヘッドライン通知!

ニュースパス

ニュースパス かんたん操作で無料ニュースがすぐ読める
ニュースパス かんたん操作で無料ニュースがすぐ読める
無料
posted with アプリーチ

2016年年6月1日より配信された、最新のニュースアプリです。KDDIとGunosyが共同開発した情報解析・配信技術を使用して、200を超える媒体からユーザに合わせたニュースを配信してくれるアプリとなります。

Gunosyと似ている感じはしますが、ニュースを欠かさずチェックしている人はダウンロードして間違いなしですよ!

  • KDDIとGunosyの共同開発アプリ!
  • 2016年配信開始の最新アプリ!
  • 最新の情報解析・配信技術を使用!

JC News

JC News/アニメ&声優&ゲームのニュースをお届け!
JC News/アニメ&声優&ゲームのニュースをお届け!
無料
posted with アプリーチ

アニメ、ゲーム、声優などのジャンルに特化した、いわゆる「オタク向けニュースアプリ」。中学2年生の「まど」と「しず」がマンガやアニメなどの情報を毎日お届けしてくれます。

また、ニュースとは全く関係なく、JCたちのプロフィールも閲覧することが可能です。対抗馬にハッカドールがありますが、そこらへんは好みの問題ですね。

  • 1日3回、ニュースの更新をお知らせ!
  • たくさんのアニメ情報をこれ一つでスッキリ!
  • JCは中学生じゃなく「Japan Culture」のこと

ハッカドール

ハッカドール :君にシンクロするニュースアプリ
ハッカドール :君にシンクロするニュースアプリ
開発元:DeNA Co., Ltd.
無料
posted with アプリーチ
hackadoll

アニメやマンガ、ゲームに焦点を置いた、いわゆる「オタク向けニュースアプリ」。アプリを使い始めてすぐにジャンル設定を行い、自分の好きなジャンルのみの情報を配信してもらうことができます。

また、情報収集をサポートしてくれる「ハッカドール」というキャラクターがユーザの好みや興味を学習して、「この記事を読んだ方にはこちらもいかがですか?」と言わんばかりに他の記事を紹介してくれます。

  • 自分の好きな作品の最新情報をすぐにチェック!
  • 1日3回、厳選されたニュースを配信!
  • サポートキャラクターがかわいい!

まとめ

いかがだったでしょうか。最初のころはブログのネタ作りに大変困ると思います。そのようなときは外部ツールを頼るのが非常に楽ですし、世の中のことも知ることができるので一石二鳥です。

ネタ作りに困っている方だけではなく、忙しい社会人の方も是非使ってみてください!

おわり

スポンサーリンク