中学生に告ぐ!!!高専に入るメリット・デメリット

Timbo84 / Pixabay
スポンサーリンク

はじめに

唐突ですが、私、情報系の高専卒です。

在学中は高専が大嫌いでした。

社会人生活がある程度過ぎて、高専卒であることも「まぁ、いっか」と思えてきてますが、当時は本当に大嫌いでした。

今となって「まぁ、いっか」ですが、私は高専に入学するのは否定派です。特に、情報系には入るべきではないと考えます。

ということで、高専に入学するメリット・デメリットあげました。

これを見て高専に入学することを少しでも考えてくれれば幸いです。

メリット

休みが長い

高専に入って一番良かったのは「休みが長い」ことです。夏休み・春休みが大学生レベルで長いです。また、課題も高校生と比べるとないに等しいです。

けれども、重要なのはこの長い休みに何をするか

だらだらしていたら時間はあっという間です。長い休みは旅をするなり、めちゃくちゃ遊ぶなりなにかしないともったいないです。

数学が強い

数学の授業は楽しかったですね。3年生の時点で大学レベルの勉強してたので、唯一の高専生でよかったなと感じるところです。

大企業に入りやすい

大企業に入りやすいと書いていますが、卒業生は3パターンに分かれると思ます。

  1. 就職する(大企業)  3割
  2. 就職する(ブラック企業) 4割
  3. 編入する 3割

ちなみに、私は「2.就職する(ブラック企業)」です。(泣)

今思えば、高専時代頑張っていたらもっといいとこ行けたなとは思いますけど今更ですよね。

卒業後のつながりが強い

大学生だと卒業したら連絡がつかなくなったなどという話もよく聞きますが、高専生は5年間も一緒にいるおかげで卒業後もつながりは強いです。

私も関東圏に一緒に就職した友人が何人かいますが、いまだに土日遊びに行ったりしています。

他の高専生の話も聞きますが、いまだに仲の良い高専生は多いと聞きます。

自由

良くも悪くも自由です。勉強も大学受験があるからなどと強制されません。

何もしなかったら、待っているのは単位を落として留年か退学です。

また、高専の授業を受けるだけでは何も身に付きません。何か興味を持ったことを自分からやるうえではこの自由さはとてもいいと思います。

デメリット

ここから真剣な話になります。一つでも当てはまった・嫌だと感じたら、高専には入らないほうがいいと思います。

入学した時点で専門が確定してしまう

いまでこそSEという仕事をしていますが、在学中はプログラミングや情報の勉強するのが嫌いでした。

じゃぁ、なんでこの学校に入ったかっているとただ単に「就職率が良い」という情報があったからです。

この「就職率が良い」というのが問題で、とにかく工業系の就職先ばかり。普通に考えればわかるのですが中学生だった私はこの「就職率」という言葉だけで高専に入学してしまいました。

高専に入ると「就職はできるが、就職の幅は狭まる」と考えてください。

下手すると留年する

日本技術者教育認定機構(JABEE)のおかげで、テストの赤点は60点です。

ほかの学校の赤点を聞いて驚愕しました。

「平均点の半分?みんな100点とっても赤点50?」

そんな感じで、単位は厳しいです。入学時のクラスメイトの10分の1は確実にいなくなります。

クラスが5年間固定

18歳となり高校を卒業した友人はみな大学にいきます。ですが、高専は同じ面子です。

みんなが新しい環境に足を踏み入れている中で高専生はずっと同じ環境にいなければならないのです。多感な10代に同じ価値観ばかりの人間と5年間ずっといるのはある意味、危険だと私は思います。

そこで気の合う仲間がいなかったら、その5年間は地獄です。

文系科目がないがしろ

無駄な勉強をしなくていいという点でメリットに挙げる人もいますが、文系科目をないがしろになっていたのはデメリットだと思います。

私の文系科目の学力は良くて高校2年レベルです。

やはり、最低限高校レベルの知性を持っていないと、どこかで恥をかくと私は感じます。

学習意欲がない限り専門科目も薄っぺらい

自分の学習意欲がない限り、勉強するのは専門のさわりに部分だけです。

電子回路や機構学・ロボット工学・熱力学などいろいろ学習しましたが、結局さわりの部分だけですので自分から興味を持たない限り一夜漬けテストでその分野は終わってしまいます。

高専生は自分からの学習意欲がない限り、その5年間を本当に無駄にしてしまいます。

まとめ

メリット・デメリットを上げましたが、メリットについては高校卒業して大学にいってもどうにでもなるメリットです。

高専に行ったらどうしても工学系に視点が集中します。何も知らない中学3年生の段階で、工学系の道一本に絞るというのは非常に危険に感じるため私は高専をおすすめしません。

工学系にそれほどの情熱があるのであれば、独学でも十分高専生レベルの学習ができます。特に、情報系の勉強なんて今時PC一台あればいくらでもできます。

ですので、私は高校を卒業して大学に進学することをお勧めします。

安易に「就職率が良い」という理由で、高専に入学すると一生後悔する可能性もあります。

高専を選ぶ際はよく考えてください。

スポンサーリンク