【格安SIM】IIJmioに乗り換えたら5000円以上節約できた件

nvtrlab / Pixabay
スポンサーリンク

節約において、固定費を削減することは必須条件です。家賃、光熱費、食費、交通費、通信費…etc

今回は、この中で通信費を削減しました。何を変えたかというと、Docomoから格安SIM「IIJmio」に乗り換えましたのでレビューします。

結果から言いますと、月々の支払が7000円→1500円になりました。

IIJmioとは

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)が提供する個人向けインターネットサービスです。

IIJmio公式サイトはこちらから

IIJmioのメリット

とてつもなく安い

何番煎じかわかりませんがとにかくこれにつきます。

20160529-115619
  • ミニマムスタートプラン…3GB
  • ライトスタートプラン…5GB
  • ファミリーシェアプラン…10GB

となっております。

私が選んだのは3GBの通話SIMです。スマホでYoutubeなどの動画配信サイトで動画を見なければ3GBで十分です。

通話SIMを選んだ理由としては、電話番号がない状況はさすがにまずいかなと感じたから。Webの会員登録をする際に電話番号ないと登録できないってことがありますからね。

格安SIMは電話代が高いというデメリットはありますが、こちらから電話をかけることがなければ一切関係ありません。

ちょうど支払が一緒だったので比較。

20160529-90409

7571円-1323円=6248円もの月額料金の節約ができました。

回線速度も問題なし

格安SIMは回線速度に問題ありという不満を持つ人が多く心配になりましたが、一切問題ありません。

といっても、使用用途がLINE、Twitterぐらいのライトユーザなのでそう感じるのかもしれないですね。

また、3GB超えて帯域制限に1度なりましたが、これもDocomoの時と変わりなし。使用している感覚としてはDocomoを使用していた時と一切変わりはありませんでした。

契約の流れ

Docomoの解約金の仕組みなど全く理解していなかったため、少し手間取りました。

そんなこんなの手続きの流れまとめてみました。

1.SIMロック解除の手続き

3月頭、Docomoの機種変更して2年経過したということで格安SIMに替えるべく、意気揚々とDocomoショップに向かいます。土曜日ということで行列、3時間待ち、とりあえずドトールで時間をつぶします。

3時間経過してDocomoショップで待っていましたが、全然呼ばれず1時間ほど経過してやっと手続き開始しました。

この日、SIMロック解除とMNPの手続きをする予定でしたけれども、MNPの手続きするには解約金がかかるということ。

2年経ったのに?なぜ?

後でググったら、25ヶ月目じゃないと解約できないということ。契約日が3月1日の場合は3月が1ヶ月目になりますが、3月2日以降ですと4月が1ヶ月目になるため3月だとまだ解約金がかかってしまうようです。

ということSIMロック解除だけしてMNPは4月まで我慢しました。

ここでかかった費用はSIMロック解除手数料3000円。

2.MNPの手続き

4月頭を見計らってDocomoショップに行きました。

偶然、平日に休みが取れたので行列もなく手続きは15分ほどで終わり、すぐさま近くのビックカメラに走りました。

ここでかかった費用はMNP手数料2000円。

3.IIJmioの契約をする

MNPの手続きを完了後、すぐにビックカメラに向かいました。

契約自体は大体1時間30分ぐらいで終わりました。

契約用紙に個人情報と予約番号書く(10分)

IIJmioからの審査待ち(50分)

審査終わって、諸手続き(20分)

まぁ、格安SIMですね。手続きする際には、Docomoショップみたいな椅子に座って丁寧に契約内容、みたいなことはしてくれません。全部読めって感じです。

これで、晴れて格安SIMユーザーです。

ここでかかった費用はIIJmio契約料金3000円。

4.合計経費

【Docomo】MNP手数料 2000円

【Docomo】SIMロック解除費手数料 3000円

【IIJmio】契約料金 3000円

合計 8000円

まとめ

月々の料金が圧倒的に減ったためレビューしました。

個人的には大満足です。

ただ、お客様対応は少しずさんに感じたため、故障、サポートに不安がある方々は大手キャリアのほうがよいかと思います。

しかし、スマホの用途がTwitterやLINEのみなどのライトユーザにはおすすめの格安SIMですのでいかがでしょうか。

スポンサーリンク