カメラ転売失敗したのでカメラデイズでレンズの買取をしてもらってみた

スポンサーリンク

どうも、くろうです。

こちらの記事でも紹介した通り、私は前にカメラ転売を少ししていました。

ですが、結局稼ぐことができず、在庫が余りまくっています。捨てるのももったいないですし、普通に売っても面白くないので、今回は「カメラデイズ」というWEBサイトで買取してもらうことにしました。

カメラデイズとは?

カメラデイズとは実店舗を持たない運営方法をしているカメラ買取業者のことです。店舗運営で有名なのは「カメラのキタムラ」ですね。

実店舗を持っていないので、宅配買取のみとなっています。買取は配送料無料・宅配キット(段ボール・梱包材)も送ってくれるので、こちらで何かを準備する必要はありません。

また、カメラデイズはネット専業のカメラ買取業者ですので経費を最小限に抑えています。そのため、高額査定が出やすく利用者の満足度も高い買取業者となっています。

カメラデイズで買取してもらえる商品は以下の通り

カメラデイズで買いとれるもの

  • デジタルカメラ
  • 一眼レフ
  • ビデオカメラ
  • レンズ
  • カメラ周辺機器

このようになっているので、フィルムカメラを買い取ってもらうことはできません。というわけで、カメラデイズで買取をしてもらいます。

買取してもらうもの

cameradays01

買取してもらうカメラレンズがこちらです。買取してもらう商品は、「ミノルタ」、「キャノン」、「ニコン」のレンズです。合計10個です。

一番高く売れそうなのは、「Nikon NIKKOR 1:1.4」ですね。

査定依頼~梱包~発送まで

査定依頼

まずカメラデイズ公式HPより「買取お申込み」をクリックし、買取査定依頼を出します。

cameradays_form01

ここで、エコマケ会員か聞かれますのでエコマケ会員の方はユーザー名、パスワードを、エコマケ会員でない人は「お申込み」をクリックしてください。

cameradays_form02

次に、宅配キットについての情報です。ここでは、以下の情報を入力します。

  • 宅配キットの段ボールサイズ
  • 宅配キットの到着日時
  • 宅配キットの出荷日時
cameradays_form03

私の場合、レンズ10個でしたが宅配キットの段ボールサイズは「ミラーレス一眼用」1枚でぴったりでした。

次に住所です。自宅の現在住所を入力します。

cameradays_form04

最後に査定額の振込口座を入力します。対応している銀行口座は、

カメラデイズで取り扱える金融機関

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • 新生銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行
  • ゆうちょ銀行

です。

cameradays_form05

ここまで入力すれば後は、完了となります。

段ボール・梱包物の到着

指定した日に段ボールや梱包物が到着します。段ボールの中には、新聞、プチプチ、割れモノシールがありますので、こちらで梱包の準備をする必要は一切ありません。

cameradays02

レンズを梱包します。かなり大きいプチプチですので、厳重に巻き付けましょう。

cameradays03

それを、残り9個にプチプチをつけて段ボールに入れます。

cameradays04

最後に段ボールに身分証明書のコピーを封入して配送準備は完了です。

cameradays05

査定依頼を出した際に設定した発送日に佐川急便が来ますので、その時間までにレンズを梱包した段ボールを準備しておいてください。

気になる査定価格は?

発送した翌日に商品の到着連絡、6日後に査定価格の連絡が届きました。

結果から言うと、査定価格は「1,200円」です。

cameradays_mail

とはいっても、内訳を聞いてみると買取してもらえたのは「Nikon NIKKOR 1:1.4」のみでした。他のレンズは値段をつけられないということで無料引き取りとなります。

まとめ

今回は、高価なレンズやカメラを買取してもらったわけではないのでこのような査定結果になりました。

個人的には、邪魔でしかなかったので引き取ってもらっただけでも満足しています。カメラデイズでは、値の付かない商品は「無料引取」という形になるようなので、なるべく値がつく商品を売ったほうが良いかと思います。

もしかして、値がつくかもしれないので処分する予定のものも査定に出してもらうのもいいかもしれません。家に要らないカメラ製品がある方は是非お試しください。

>>カメラデイズ

スポンサーリンク