絶対に盛り上がる!おすすめボードゲーム・すごろくゲーム5選!

PublicDomainPictures / Pixabay
スポンサーリンク

父親の影響で、小学生や中学生のころからモンハンやポケモンではなく、ボードゲームばかりやっていたのですが、意外にボードゲームやっている人って少ないんですよね。代表的なボードゲーム、桃太郎電鉄・人生ゲームぐらいしか知らないという人も多いのではないでしょうか。

今回は、桃太郎電鉄しか知らないけど、他にも面白いボードゲームをやりたいという方に向けて、おすすめのボードゲーム・すごろくゲームを5選紹介します。

桃太郎電鉄

皆さんご存知、桃太郎電鉄。初心者の方でも簡単にできるので人気の作品です。

毎月サイコロを振り、指定された年数の中で、目的地や物件を購入しつつ最終的に総資産が一番多い人が勝ちという作品です。おじゃまキャラクターとして、ボンビーやキングボンビーに加え、他にもシリーズによって様々なボンビーが登場しますが「ハリケーンボンビー」が一番有名ですかね。

桃太郎電鉄の良いところは、日本地図を覚えることができること。学校の社会の授業に桃太郎電鉄を取り入れたほうが、世の小学生は日本地図を覚えるのではないかと思うほどです。

特徴

  • 誰でもできるお手軽ゲーム!
  • ボンビーやカードを駆使して一発逆転も可能!
  • 日本地図覚えられるよ!

人生ゲーム

どちらかというと、勝ち負けなどはあまり関係なく、自分や他人の人生の転落を楽しむゲーム。あまりムキになるタイプのゲームではありません。

バージョンごとにゲーム内容が微妙に変わりますが、基本的にサイコロを振ってマスを進め、そのマスで何かしらのことが起こり、最終的にお金をたくさん持っていた人が勝ちのゲームです。

攻略方法を知っていると面白くないので、初見の人達でやると楽しいゲームです。2回目にやるとあまり楽しめません。ビリがやるべきは、自分がのし上がることじゃなくて他人を蹴落とすことに集中すること。まさに人生ゲーム。

なんだかんだ、リアルボード版の人生ゲームも楽しいです。

特徴

  • 誰でも簡単にできる!
  • リアルボードもあり!

ドカポン

RPG×ボードゲーム、という新しいボードゲームです。

ゲームの流れとしては、さいころをふり、プレイヤーはマスを進めます。マスにはアイテムや魔法、敵キャラクター(対戦相手ではない)、村などがあり、マスによって起こるイベントが異なります。

基本的には敵キャラクターマスに止まって、敵を倒し自分のレベルを上げ、村にいる強モンスターを倒して村を解放するゲームです。一番村を解放した人が勝つゲームとなっています。

対戦相手とも、勝負することができて対戦相手から買ったら村を奪ったりできるなど村を増やす方法は様々あります。

しかし、強くなる方法や対戦相手を倒す方法、村を奪う方法が様々あり、武器屋を襲って武器を奪ったり、魔法を使って対戦相手を足止めやダメージを与えたりと、ただレベルを上げるだけでは勝てないゲームです。

ゲーム後半になると、ビリが続いているプレイヤーがデビラーマンというキングボンビーもびっくりな鬼畜キャラクターに変身します。そうなると、デビラーマンが他の対戦相手を蹂躙するゲームになったりしますので、人間関係が崩れないレベルで楽しんでください。

とにかく、一番性格が悪い人が勝つゲームです。魔法を使いこなしたプレイヤーが勝つゲームですので、何度も勝負しながら攻略方法を見つけていってください。

特徴

  • 戦略性とゲーム性を知っているプレイヤーが勝つゲーム!
  • やり込みせいのあるゲーム!
  • 一発逆転もあり!
  • ボードゲームの中では一番殺伐とするかも

モノポリー

20世紀初頭にアメリカ合衆国で生まれた、この中では一番古いボードゲームです。

基本的にルールは常に全世界共通ですので、一度覚えてしまえば簡単です。

ゲームの流れは、さいころをふり、そのマスの不動産を購入します。1件だけでは、家やホテルの建設ができませんがそのエリアの不動産を全て購入することで、家やホテルを建設することができるようになります。その家やホテルを建設したマスに止まった他のプレイヤーから高額なレンタル料をもらい、破産させるゲームです。

目標金額などが設定されてはなく、対戦相手全員を破産させることが勝利条件となります。

刑務所や税金、チャンスカードなど世の中の縮図を表しているのようなゲームですので、やってみるとめちゃくちゃ面白いです。ハマります。

特徴

  • 不動産から家やホテルを建設し、全プレイヤーを破産させるのが目的!
  • 1発逆転は無理!
  • リアルボードもあり!

いただきストリート

私が一番好きなボードゲームです。戦略性が求められるので何回かプレイしないと熟練者には勝てません。いまだにSFC版の「いただきストリート2」が名作だと思ってます。2017年にPS4版でも発売するようですね。

ゲーム内容は、モノポリーと似ていて、サイコロでマスを進めつつ店舗を購入し、自分が買った店舗を増資して、そのマスに止まった対戦相手からお金をもらい、対戦相手を破産させるか目標資産に達することが出来たら勝利となっています。

しかし、いただきストリートがモノポリーと異なる点は、ここに「株」という概念が加わります。

自分が株を持っているエリアの店舗が増資されると、そのエリアの株価も上昇し自分の資産が増えます。また、対戦相手の店舗エリアの株も買えたりするので、その株を買うことで、自分が増資しなくても資産を増やすことができるなど、戦略性のあるゲームです。

対戦相手を破産させるだけでなく、目標資産に達することも目的となっているので、株の買い方と増資のタイミングが重要となります。対戦相手の店舗を5倍の値段で購入したり、マークをそろえて銀行に行くとサラリーがもらえるシステムがあったりとモノポリーの進化版のようなゲームです。

特徴

  • 店舗や増資し、株値を上げて資産を増やすゲーム!
  • 初見は難しいが、一度やってしまえば覚えることができる!
  • めちゃくちゃ戦略性がある!

まとめ

代表的なボードゲームをまとめました!友達で集まった際には是非活用してみてください!

私が好きな順は

  • いただきストリート
  • モノポリー
  • 桃太郎電鉄
  • 人生ゲーム
  • ドカポン

ですね。ドカポンはやったことがあるかないかで結構差が出ます。どこに、どのアイテムが落ちているかやどの武器屋を襲撃すると効率が良いかなど、結構攻略ゲームに近いです。

その点、他のゲームはみんな平等です。ゲーム中にルールを覚えて勝つことも十分に可能です。

私は全部好きですので、是非、みなさんやってみてください!

スポンサーリンク